手作り結婚指輪・婚約指輪 icci 代官山|渋谷・恵比寿・代官山

資料請求

ご予約

TOPへ

失敗しない手作り結婚指輪のデザインの選び方!デザイン例も紹介

結婚指輪を手作りするときには、デザインにこだわって自分ならではのデザインの指輪を作りたいですよね。

でも、初めて指輪を作るという人は、デザインの仕方や選び方がわからないかもしれません。

そこでこの記事では、初心者でもデザインするためのポイントを詳しく紹介します。ぜひ手作り結婚指輪を作る際は参考にしてみてください。

手作りで結婚指輪を作る時にデザインが大切な理由

まず、手作り結婚指輪においてデザインはなぜ重要なのでしょうか?

マイナビウェディングの「結婚指輪選びで後悔していること」のアンケート調査によると、結婚指輪を作った人が後悔していることで最も多かった意見が「デザイン」であり、全体の44.1%を占めていました。将来後悔しないためにも、デザインが重要ということのようです。

後悔の理由としては、「邪魔になる」「心地よくない」「歳をとって好みが変わった」という意見が多く、実際に日常生活での使用することを考えたデザインでなかったことが原因とわかります。結婚指輪は結婚後にも日常的に着けることになるからこそ、邪魔にならず、着け心地がよく、派手すぎないあらゆる場面に合うデザインのものでなくてはなりません。

後悔しない手作り結婚指輪のデザインの選び方6選

ここからは手作り結婚指輪を手作りするときの、後悔しないデザインの選び方を6つ紹介します。

1.カラー

指輪の素材や宝石のカラーは、パーソナルカラーや肌の色、与えたい印象に合わせて選ぶのがよいでしょう。

例えばプラチナは、肌の色が明るい人になじみやすいですし、肌の透明感を美しく演出する効果があります。プラチナのシルバーの輝きは透明なダイヤモンドとの相性もよく、上品で落ち着いた印象を与えます。

一方ゴールドは、小麦肌の人に馴染みやすく、カジュアルにもフォーマルにもなる万能なカラーです。どんなファッションにも会いやすく、おしゃれな印象になりやすいです。

素材や宝石のカラーは後で変更ができないため、慎重に自分のパーソナルカラーや肌色などに合わせて選ぶようにしましょう。

2.指輪の強度

素材の強度もデザイン選びにおいて重要です。結婚指輪は日常的に着けることになるからこそ、強度が必要なのです。強度が高く、年月が経ってもなるべく劣化しにくい素材を選ぶようにしましょう。

強度が高い素材としては、Pt950のプラチナやK18のゴールドなどがあります。Pt950のプラチナは95%のプラチナと5%の他金属でできていて、柔らかすぎず丈夫な素材です。またK18のゴールドは純度75パーセントの金と、別の金属が25パーセント含まれていて丈夫です。

また、細い指輪は歪みやすく、強度が落ちてしまいます。指輪の太さを選ぶときは強度も考慮した上で選ぶようにしましょう。

3.着け心地

デザイン決めの時に意外と忘れてしまいがちなのが、指輪の付け心地です。デザインがおしゃれで可愛くても、着けていてストレスを感じる指輪は結婚指輪には向いていません。ストレスの少ない着け心地のデザインにしましょう。

例えば、肌が弱い、指輪に慣れていない人には内甲丸リングがおすすめです。内甲丸リングは指に当たる部分が丸くて痛くなりにくい特徴があります。また、細い指輪も同様に指への負担が少なく、指輪に慣れていない人におすすめです。

4.ライフスタイル

また、おしゃれでかっこいいデザインだけでなく、自分のライフスタイルにあった結婚指輪のデザインを選ぶのも重要です。

例えば、ふだんカジュアルな服装が多い人は派手な指輪よりはシンプルなものやハワイアンリングの結婚指輪がいいでしょう。

また、運転したり、テニスやゴルフなどの強く握る動作をよくしたりする人には幅広のデザインがおすすめです。細い指輪で強く握る動作を繰り返したり、モノにぶつかることで指輪が歪んでしまう可能性があります。

家事や育児をする人であればひっかかりはストレスになりますし、結婚指輪に宝石の装飾をつけたい場合には宝石を指輪に埋め込むデザインにするのがおすすめです。さらに、プライベートも職場でも指輪をつけたい人は、派手すぎないシンプルなデザインにすると場面問わず使えます。

自分のライフスタイルや手を使う場面を思い出してデザインを選ぶようにしましょう。

5.婚約指輪との相性

婚約指輪を既に持っている場合、結婚指輪を重ね付けした時の相性も考えるようにしましょう。婚約指輪と結婚指輪を重ね付けすることで、華やかな印象になりますし、合わせてつける人も多いでしょう。

婚約指輪が派手な場合は、結婚指輪をシンプルにするなど、重ね付けした時のイメージを思い浮かべながら結婚指輪をデザインすることで、素敵な組み合わせの結婚指輪が作れるでしょう。

6.老後も着けられるか

歳をとっても身につけられるデザインを選びましょう。年齢を重ねると、派手なデザインやシンプルすぎるデザインは後から後悔することがあります。将来服装や好みが変わっても愛せるデザインを考慮して指輪を作るのがよいでしょう。

また、長年使っているとメンテナンスが必要になります。長年もアフターケアをしてくれる工房を選ぶことでずっと使える指輪を作れます。

ファッション別のおすすめ手作り結婚指輪のデザイン

結婚指輪は、普段のファッションに合わせたデザインを選ぶようにしましょう。ファッションに合わせることで全体的に統一感が出ますし、より指輪をなじませることができます。ここからは、ファッションのジャンル別におすすめの指輪デザインを紹介します。

カジュアル

ふだんカジュアルなファッションが多い人は、シンプルなデザインがよいでしょう。シンプルにすることで、フェミニンにもメンズライクにもなりすぎず、カジュアルなファッションに似合う指輪に仕上がります。

具体的には、マット加工やストレートラインなどのシンプルなデザインの結婚指輪がおすすめです。

さらに、カジュアルながらも個性を出したい場合は、ハワイアンリングにするのもおすすめです。ハワイアンリングであれば派手すぎず、カジュアルな服装に独特の雰囲気の柄を入れられます。

きれいめ

洗練された雰囲気のきれいめファッションでは、彫り留めのデザインやストレートラインなどの、シンプルな中に華やかな印象があるデザインを選ぶのがおすすめです。

上品な華やかさがファッションとマッチし、統一感のあるコーディネートに仕上がります。

フェミニン

普段の服装が女性らしいフェミニンなテイストのものが多い場合、ダイヤモンドやミル打ちなどの装飾があるデザインがおすすめです。そうすることで、服装とともに、手元もかわいらしい女性的な雰囲気に仕上がります。素材はシャンパンゴールド、宝石はピンクダイヤモンドなどのかわいらしい色味がよく似合うでしょう。

逆に、ストレートラインなどのシンプルすぎるデザインや槌目加工は、ファッションに対して強すぎたりかっこよすぎたりする印象になりかねません。

手作り結婚指輪のデザイン例

ここからは手作り結婚指輪のデザインを紹介します。icci代官山の指輪のデザインを例に紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

シンプルなシャンパンゴールドの結婚指輪

シャンパンゴールド
シンプルなk18シャンパンゴールドのおそろいの素材の指輪です。

シャンパンゴールドは日本人の肌になじみやすい落ち着きのあるカラーです。自分のパーソナルカラーがわからなくても選びやすく、手元をきれいに見せてくれます。

フォーマル、カジュアルどちらのファッションにも合うでしょう。

精緻な輝きが美しいスターダスト加工の結婚指輪

 
スターダスト
星屑を散りばめたように細かくキラキラと輝くスターダスト加工の結婚指輪です。ダイヤモンドとはまた違う繊細な煌めきが美しく、結婚指輪でも人気のデザインです。フェミニンなファッションの人におすすめです。

スターダスト加工の指輪にダイヤモンドも埋め込めば、ひとつの指輪で異なる輝きを楽しむこともできます。

2人で違うデザインの結婚指輪

デザインが異なる
2人で違うデザインの指輪の例です。違うデザインを選ぶことで、それぞれの好みの指輪が作れます。また、デザインは同じでも色だけ変えるなどすることで、よく見るとおそろいのかわいい指輪になります。

それぞれのお気に入りのデザインや、ライフスタイルに合うデザインで作ることで、満足のいく指輪が作れます。

ハワイアンリングの結婚指輪

hawaian
ハワイアンスピリッツを感じられるハワイアンリングの結婚指輪のデザイン例です。自然に由来した美しい柄によって華やかな印象を与えています。

繊細な彫り留めが美しい結婚指輪

スターダスト
きらりと輝く埋め込まれたダイヤモンドの彫り留めが美しい、鏡面仕上げのリングの結婚指輪です。

派手すぎず、シンプルな中に女性らしさが感じられる彫り留めのデザインは、仕事場でもプライベートでも活躍できるおすすめのデザインです。

個性重視の人におすすめのハンマー仕上げ

ハンマー仕上げ
ハンマー仕上げの結婚指輪は、指輪の表面をハンマーで叩いて仕上げるデザインです。自分の手でランダムに叩いて作るデザインのため、1つとして同じ加工になりません。

手作り感を楽しみたい人や、他の人と被らない個性のある指輪にしたい人におすすめです。

自分に合うデザインの結婚指輪が作れるicci代官山

ここまで手作り結婚指輪のデザインについて紹介してきましたが、デザインは指輪を手作りする上で重要です。

icci代官山では、2人の希望に合う、生涯ずっと身につけられる結婚指輪が作れます。指輪の素材はプラチナ、ゴールド、シャンパンゴールドの3種類から選べ、仕上げを含むデザインもスターダストやハンマーなどの6種類から選べます。

さらに、10種類のダイヤモンド、29種類の誕生石など、豊富な種類から宝石も選べるので、他の人と被らない自分の個性が詰まったデザインが実現できます。

職人がマンツーマンで指輪作りをサポートするので、初心者の人でも不器用な人でも安心して指輪作りができます。手作りでこだわりのデザインの結婚指輪を作りたい人は、ぜひ一度icci代官山にご相談ください。

▶icci代官山の手作り結婚指輪のサービスページはこちら

ブログ一覧へ戻る