手作り結婚指輪・婚約指輪 icci 代官山|渋谷・恵比寿・代官山

資料請求

ご予約

TOPへ

結婚指輪はゴールドが人気!おすすめのデザイン例&加工方法など紹介

結婚指輪の素材でゴールドが人気なのをご存じでしょうか?ひと昔前はプラチナが定番でしたが、今ではゴールドを選ぶ人も増えています。

ゴールドにはプラチナにはない魅力があり「人とはちょっと違う結婚指輪がいい」「重ね付けしたい」「自分の肌色にあったカラーを選びたい」といった人たちにはよいかもしれません。

そこで今回は、結婚指輪にゴールドが選ばれている理由を説明するとともに、ゴールドを使った結婚指輪のデザイン例や表面加工の種類などについて紹介します。

ゴールドの結婚指輪が人気

結婚指輪といえばプラチナのイメージがありますが、プラチナ以外の素材を選んでいる人は意外にも多いです。

「ゼクシィ 結婚トレンド調査2021調べ」によると、プラチナ、ゴールド、コンビの割合は以下の通りです。

素材 男性 女性
プラチナ 82.8% 79.9%
ゴールド(カラーゴールド含む) 8.5% 11.1%
コンビ(2種類以上の素材) 5.7% 6.6%

コンビの素材にゴールドが含まれていると考えると、10組に1~2組はゴールドの指輪を選んでいることになります。

結婚指輪にゴールドを選ぶメリット5つ

ここでは、結婚指輪の素材にゴールドを選ぶメリットを5つ紹介します。

1.希少性が高い

ゴールドはプラチナに並ぶ希少性の高い金属です。1トンの金鉱石から採取できるのはわずか5g程度であり、太古の昔から世界共通の通貨として重宝されてきました。

これからも安定した価値を維持できる資産としてゴールドは人気があります。もし将来売却するときにも価値が下がらないでしょう。

2.変色しにくく耐久性に優れている

ゴールドのなかでも、K18は変色しにくく耐久性に優れている金属です。

18Kとはゴールドの含有率が75%の合金のことです。残りの25%にほかの金属が使われています。ゴールドはそのままだと柔らかすぎるため、ほかの金属を混ぜることで耐食、強度を得ています。

結婚指輪は常に身に着けるので、18Kは結婚指輪に適しています。

3.カラーバリエーションが豊富

ゴールドの指輪はカラーバリエーションが豊富です。割金(合金にする際に混ぜる金属)によってさまざまなカラーを生み出すことができます。

たとえば、定番のイエローゴールドのほかにシャンパンゴールドやピンクゴールド、めずらしいものではブラックゴールドやグリーンゴールドなどもあります。

好みのカラーが選べるのもゴールドが人気のある理由の一つです。

4.日本人の肌色に馴染みやすい

ゴールドの黄みを帯びた温かい輝きは、日本人の肌に馴染みやすいといわれています。

ゴールドを選ぶことで肌色をより健康的に演出できますし、色白の人であっても、ゴールドとのコントラストで肌の美しさを強調できます。

イエローゴールドに限らず、シャンパンゴールドやピンクゴールドの輝きの奥にも黄みを感じることができます。

5.宝石との相性が良い

ゴールドはさまざまな宝石と相性のよい素材です。 「ゼクシィ 結婚トレンド調査2021調べ」によると、およそ9割の女性が結婚指輪に宝石をセットしています。

プラチナの場合、ダイヤモンドやサファイアなど透明度の高い宝石と組み合わせることが多いのですが、ゴールドは定番のダイヤモンドはもちろん、ルビーやエメラルドなど色の濃い宝石との相性も抜群です。

ゴールドを選ぶことによってデザインのバリエーションが広がり、より自分らしい結婚指輪を手に入れられます。

男性にもゴールドの指輪は人気がある?

男性がゴールドの結婚指輪をつけると派手になりすぎるのでは?と思われがちですが、海外ではプラチナよりもゴールドの方が圧倒的に人気があります。

男性が好んでゴールドを身に着けるシーンも多く、カジュアルOKな職場であれば、幅広のハワイアンリングなどもおすすめです。

地黒の人や日焼けしている人の肌に白く輝くプラチナは浮いてしまいます。もし、ゴールドの強い輝きに抵抗があるなら、指輪の表面にマット加工を施したり、落ち着いた色合いのシャンパンゴールドを選ぶと良いでしょう。

ゴールドの結婚指輪の人気のデザイン

ここでは、ゴールドの結婚指輪のデザインバリエーションについて紹介します。

幅広リング

ゴールドの指輪のなかでも、幅広リングは人気です。

繊細さやシンプルさが優先されがちなプラチナとは異なり、ゴールドの指輪では素材のボリューム感を楽しむことができます。装飾を施せる部分が増えるため、彫り模様や複雑なデザインなど自分の好みを反映しやすいです。

マット加工

ゴールドは表面加工にマット加工を施すなど、質感でも個性を表現できます。

プラチナは光が反射するまで磨き上げる鏡面のデザインが多いですが、ゴールドはマット加工も人気があります。

あえて表面に小さな傷や細かい粒子を吹きかけ光沢を抑えることで、存在感がありながらも落ち着いた印象の結婚指輪にすることができます。

彫刻

ゴールドに彫刻を施すことで、重厚感や躍動感、素材の輝きを強調できます。

近年、ゴールドの結婚指輪で人気があるのがハワイアンリングです。高い技術を持った職人が、ハワイの自然や生き物のモチーフを手彫りします。

1つ1つ手作りするので、誰とも被らないオリジナリティのある結婚指輪にできます。

2人で違うカラー

ゴールドの結婚指輪なら、2人で違うカラーを選ぶこともできます。人気があるのは以下の4色です。

イエローゴールド(K18YG)

イエローゴールドは華やかな輝きが魅力です。割金に銀と銅が使われています。

シャンパンゴールド(K18CG)

シャンパンゴールドは上品で落ち着いた印象が魅力です。割金に銀・亜鉛・パラジウムなどの白色系の金属が使われています。

ピンクゴールド(K18CG)

ピンクゴールドはエレガントで柔らかい雰囲気が魅力です。割金に銀と銅が使われています。

ブラックゴールド(K18BG)

ブラックゴールドは程よいクールさと人と被らないレア感が魅力です。割金にパラジウムが使われています。

ゴールドの結婚指輪は手作りできる

ゴールドの結婚指輪を検討している人の中には、自分らしい個性的なデザインを希望している人も多いのではないでしょうか。

ゴールドの結婚指輪を手作りすれば、世界にひとつだけの結婚指輪を手に入れられます。リング幅や形状、カラー、彫刻の有無、宝石のセットなども自由です。

パートナーと2人で相談しながら制作すれば、一生モノの思い出や経験も手に入れられます。手作り結婚指輪は、結婚指輪を単なる買い物にしたくないカップルに人気です。

ゴールドで作った結婚指輪の人気デザイン例

ゴールドを使った手作り指輪の中で、人気のあるデザイン例を紹介します。

ミル打ち×ダイヤモンド

ミル打ち
ゴールドにミル打ち加工とダイヤモンドを施した手作り結婚指輪です。

ミル打ちは、リングのエッジやライン部分に細かい粒を打ちつけていく技法のことです。ドット模様1つ1つに光が反射し、指輪がキラキラと輝いて見えます。

宝石はメレダイヤ(小さなダイヤモンド)を彫り止めにしているので、引っ掛かりを感じません。結婚指輪を日常使いする人におすすめです。

ハワイアンリング×イエローゴールド

ハワイアンリング×イエローゴールド
ハワイアンリングは繊細で美しい彫り模様が魅力です。

icci代官山の手作り結婚指輪のプランでは、指輪を成型するところまで自分たちで行い、彫刻は本場ハワイで修行した熟練の職人に任せられます。

ハワイアンリングには、古くから受け継がれてきた様々なモチーフを描くことができます。手彫りなので世界に一つとして同じものはなく、人とは被らない個性的な結婚指輪を身に着けたい人におすすめです。

ハワイアンリング×ピンクゴールド

ハワイアンリング×ピンクゴールド
ピンクゴールドを使ったハワイアンリングです。

ピンクゴールドはイエローゴールドに比べ発色が抑えられているので、手指との一体感が得られます。ハワイアンリングの彫り模様は繊細で美しく、ピンクゴールドとの相性も抜群。いつまでも眺めていたくなるデザインです。

平打ち×マット加工

平打ち×マット加工
平打ちリングにマット加工を施したゴールドの結婚指輪です。

平打ちとは、リングの表面が平らな形状のことです。リング幅が広くてもスッキリと収まり、シャープな印象を与えるため男性に人気があります。

マット加工を施すことで落ち着いた風合いになり、重厚感がありながらも品格のあるデザインに仕上がります。

甲丸×スターダスト加工

甲丸×スターダスト加工
甲丸リングにスターダスト加工を施したゴールドの結婚指輪です。

スターダスト加工は先端にダイヤモンドの粒子がついた専用の工具を使い、表面を細かくカット彫りします。マット加工に比べ目が粗くなるため、ザラザラとした手触りが特徴です。落ち着いたシックな印象に仕上がります。

男性に人気のハンマー仕上げ

男性に人気のハンマー仕上げ
リング表面にハンマー仕上げを入れたゴールドの結婚指輪です。

ハンマー仕上げは打つ力の強弱によって様々な模様が生まれ、強くたたけばワイルドな印象に、やさしくたたけばスタイリッシュな印象に仕上がります。偶然に生まれる凹凸に味があり、男性に人気のある表面加工です。

人気のゴールドの結婚指輪を手作りするならicci代官山

icci代官山は、今人気のゴールドの指輪を手作りできる隠れ家的工房です。

選べるカラーゴールドはイエローゴールド、シャンパンゴールドの2色。リング幅や形状、表面加工や宝石の種類など、約1万通りのバリエーションの中から2人だけの結婚指輪を手作りできます。

当日は熟練の職人のサポートを受けながら、ゴールドを叩いたり曲げたりして成形していきます。手彫りや刻印、宝石をセットする場合はいったんicci代官山に指輪を預け、3週間ほどで指輪を受け取ることができます。

指輪の手作り風景を動画や写真で記録するサービスもあり、フォトジェニックスポットも沢山あります。さらにアフターサービスは永久無料です。お気軽にお問い合わせください。

▶icci代官山の手作り結婚指輪のサービスページはこちら

ブログ一覧へ戻る