手作り結婚指輪・婚約指輪 icci 代官山|渋谷・恵比寿・代官山

資料請求

ご予約

TOPへ

指輪の厚みはどのくらいが一般的?選び方やおすすめの厚みをご紹介

ペアリングや結婚指輪を選ぶときには、デザインや幅以外にも厚みというのも気になるかもしれません。指輪は厚みによって着け心地が変わりますし、見た目の印象も変わります。

今回は、指輪にはどのような厚みがあるのか、それぞれの違いや自分にぴったりの厚みの選び方についてご紹介します。

指輪の厚みの種類と特徴

指輪の厚みには、薄いものや厚いものなど様々な種類があります。薄いものでは2mm未満のものや、厚いものだと3mm以上のものもあります。それぞれ見た目や印象が変わるので、厚みの種類や特徴についてご紹介します。

1.0mmだとすぐに曲がったり変形したりしてしまうこともあるため、1.5~2mmくらいが多いと言えます。一般的には下記のような厚さで分類できます。

  • 1.5~1.8mm
  • 1.8~2.3mm
  • 2.3mm~

1.5~1.8mm:薄め

1.5~1.8mmの厚さの指輪は薄めです。このような薄めの指輪は付け心地がいいので、指輪を着け慣れていない人にもおすすめです。

軽いですし、他の指と擦れたり物に当たったりということがないので、長時間つけていても違和感がないでしょう。

存在が目立ちにくいので、あまり指輪を主張させたくないという人にもよいですし、指輪をつけたまま生活したい方におすすめです。

ただ、耐久性は低く歪みやすいので、つけているうちに歪んでしまったり、曲がってしまったりという可能性があります。将来の修理やメンテナンスが必要になるかもしれません。

1.8~2.3mm:普通

1.8~2.3mm程度の指輪は、もっとも一般的な厚さといえるでしょう。

程よい厚みで、指輪の存在感を適度に感じられます。薄いものと比べると指と擦れたりといった違和感はありますが、耐久性が高いので歪みにくく長く使えるでしょう。見た目としても目立ちすぎることがなく、様々なシーンで利用できるといえます。

もっとも一般的な厚さなので種類が豊富で、気に入ったデザインが見つかりやすいといえます。特にこだわりがなければ、これくらいの厚さを選ぶとよいでしょう。
長く使えるようメンテナンスのことなども考えると結婚指輪に向いている厚みです。

2.3mm以上:厚め

2.3mm以上はかなり厚めの指輪といえるでしょう。

厚めの指輪は、手が大きい方や指輪に存在感が欲しい方におすすめです。さらに、厚みがあるほど変形しにくいので、力仕事など手作業が多い人にも向いています。

他の指に当たる違和感などがあるかもしれませんし、手での作業が多いと邪魔になる可能性があります。また、厚みがあると使用する素材も増えるのでプラチナやゴールドはその分費用が高くなる傾向があります。

指輪の厚みを決める時の注意点

幅
指輪は厚みによって様々なメリットやデメリットがあります。ここでは、指輪の厚みを決める時の注意点についてご紹介します。

ライフスタイルに合った厚みを選ぶ

ライフスタイルに合った厚みを選ぶようにしましょう。日常生活で手で作業を行うのか、仕事中もつけるのか、どのようなファッションをしているのかなどに合わせて選びましょう。

例えば、毎日指輪をつけたり手での作業が多い場合、薄い指輪だと歪んでしまう可能性があります。また、仕事中にもつける場合には、厚みのあるものだと目立ちすぎてしまうかもしれません。逆にカジュアルなファッションが多い場合には、厚いものでもよいでしょう。

ライフスタイルに合った厚みを選ぶようにしましょう。

素材選びにも工夫をする

指輪を作るときには素材選びにも工夫をしましょう。指輪の素材によって色味や重さ、特性、強度などが異なります。

定番人気の素材としてプラチナがありますが、ゴールドやチタン、ジルコニウムなどの素材もあります。

ゴールドは高級感があり肌の色になじみやすいです。チタンはプラチナに比べて3分の1以下の重さで、ジルコニウムは強度が高いです。どちらも虹色に着色することができ、独特の色味を表現できます。さらに金属アレルギーになりにくいというメリットもあるため安心です。

色味や特性を参考に素材を選ぶようにしましょう。

デザインを入れる場合には注意

スクロール×甲丸
装飾などのデザインを入れたい、刻印を入れたいという場合、厚さに注意しなくてはなりません。指輪が細すぎると、彫りなどのデザインが入れられない場合があります。

指輪を彫る場合には、金属を削るので指輪の強度が落ちることになります。厚みがないと歪みやすかったり、壊れやすくなってしまいます。ハワイアンリングなどは多くの彫りを入れることになるので、厚みのあるものを選びましょう。

また、裏側などに刻印を入れる場合にもある程度の厚みがあったほうがよいでしょう。

予算に合わせて

予算に合わせても、指輪の厚さを選びましょう。指輪の厚みによって使用する素材の量も変わるため、厚い指輪ほど価格が高くなります。

予算をオーバーするようであれば、厚みを抑えたり素材を変えたりするのもよいでしょう。

指輪の厚みに関する口コミ・感想

口コミを見ると、やはり薄いものは歪みやすいようですね。そして厚いものは重いと感じる人もいるようです。実際につけてみて選ぶのがよいでしょう。

自分に合った厚みの指輪を見つける方法

自分に合った厚さの指輪を探さなくては、後々苦労してしまうかもしれません。ここでは、自分にぴったりの指輪を見つける方法を紹介します。

ジュエリーショップで探す

ジュエリーショップでは数多くの指輪を取り揃えています。そのため、薄めの指輪や厚めな指輪など実際に実物をみたり試着したりしながら、しっくりくる厚みのものを探すことができます。

ただ、置いているのは既製品のものだけなので、自分に合った厚さが見つからない可能性もあります。微妙な厚さの調整などはできないでしょう。

手作りする

指輪を手作りできる工房で作れば、自分の理想の厚さの指輪に仕上げることができます。

こういった工房では、幅広い厚さが用意されており、叩いたり磨いたりすることで自分にぴったりの厚さにすることができます。初心者でも熟練の職人にサポートをしてもらえるため、調整なども簡単にできるでしょう。

手作りでは彫りや裏側の刻印なども入れられるので、彫りの深さやデザインなども自分で選べます。細かな調整ができるのが手作りのメリットといえるでしょう。

また、手作り体験という一生の思い出ができるところもメリットの1つです。

オーダーメイドする

オーダーメイドでも指輪を作ることができます。ジュエリーショップやブランドなどでオーダーメイドをして指輪をイチから作り、自分の理想の指輪にすることができます。

オーダーメイドであれば、素材から幅、装飾、刻印、宝石などすべてを自分のイメージのものにできます。厚みも微妙な調整ができるので、自分にぴったりの指輪を作ることができるでしょう。

ただし、オーダーメイドではデザイナーや職人に依頼をし作ってもらうことになるので、費用が高額になります。そういった点も踏まえて依頼をしましょう。

自由に指輪の厚みを調整できるのicci代官山がおすすめ!

指輪 手作り
手作り指輪工房のicci代官山なら、自分の手で指輪を作ることができます。素材やデザイン、仕上げ、幅などあらゆることを自分で選べるので、理想の指輪が作れます。様々な厚みのものが用意されており、叩いたり磨いたりをすることでも厚みを調整できます。

プロの職人がマンツーマンでサポートしてくれますし、既製品と同じレベルの素材が用意されているので、品質の高い指輪を自分で作れます。きっと自分の手になじむ指輪を作ることができますよ。

また、代官山の隠れ家的な一軒家で体験ができるので、思い出に残ることも間違いなしです。ぜひ一度、大切な指輪を手作りしてみてください。

ブログ一覧へ戻る