手作り結婚指輪・婚約指輪 icci 代官山|渋谷・恵比寿・代官山

資料請求

ご予約

TOPへ

オリジナルの結婚指輪の作り方を解説!製作の流れや平均予算も紹介

世界にひとつのデザインが叶う「オリジナルの結婚指輪」。一生に一度の結婚指輪だからこそ、こだわりや想いを込めた自分たちだけのデザインにしたいですよね。

オリジナルの指輪には様々な魅力があります。ここではその魅力をより詳しく解説するとともに、オリジナルの結婚指輪の作り方、製作の流れ、費用感などをくわしくご紹介します。

オリジナルの結婚指輪の魅力とは?

オリジナルの結婚指輪の魅力は、世界にひとつだけの2人だけのデザインが叶うことです。

指輪の素材や質感、太さ、宝石の配置なども自由自在。デザインや指輪のつけ心地にこだわったり、重ねづけを考えて作ったり、想いを込めた2人らしい結婚指輪に仕上がります。

そうして完成したオリジナルの結婚指輪には、この世にひとつとして同じものはない特別感があります。

ゼクシィのトレンド調査によると、フルオーダーや手作りで結婚指輪を製作したカップルは全国で13%でした。人とは違った指輪を作りたいカップルにも、オリジナルの結婚指輪はおすすめです。

オリジナルの結婚指輪でデザインできるポイント

オリジナルの結婚指輪は2人でイチからデザインを行います。ここでは指輪を作る際にデザインできるポイントをご紹介します。

素材

結婚指輪の素材は、主にプラチナやゴールド、レアメタルなどから選べます。

流行り廃りがなく、シンプルで清楚なデザインを好みカップルからは、定番のプラチナが人気です。ダイヤモンドやカラーストーンとの相性も良く、シンプルな中にも2人の個性が演出できます。また、プラチナは明るい色の肌になじみやすく、肌の透明感を際立たせる効果もあります。

よりファッショナブルな指輪にしたい場合は、ゴールドも良いでしょう。ゴールドは純粋なゴールドの他に、K18のカラーゴールドから選べます。輝きの強いイエローゴールド、洗練された印象のシャンパンゴールド、柔らかな雰囲気を持つピンクゴールなどがあり、デザイン性に優れています。小麦色の肌にもなじみやすく、おしゃれな印象になりやすい特徴があります。

また、個性的な指輪を作りたい場合は、ブラック、ブルー、ピンク、イエローなど、色鮮やかな発色のレアメタルを選ぶのも良いでしょう。

このように、指輪の素材は与えたい印象や肌の色に合わせて選ぶことができます。

リング幅

オリジナルの結婚指輪ではリング幅も自分たちで決められます。ミリ単位で自分の指にぴったりの指輪が作れますし、ライフスタイルやデザインに合わせて選ぶことも可能です。

結婚指輪の平均的な太さは2.5mm~3mmほど。3mmを境に細くなるほど華奢な印象になり、太くなるほどカジュアルな印象になります。また、ハワイアンリングなど柄を見せたい場合や、指輪の存在感をアップしたい場合などには幅広リングが選ばれています。

リング幅を選ぶ際は、指輪の太さによって強度が変わる点に注意が必要です。2.5mmより細くなると、強く握る動作の繰り返しや、モノにぶつかることで指輪が歪むことがあります。運転や、ゴルフなどのスポーツを頻繁にする方は、幅広リングを選ぶと良いでしょう。

男性と女性の指でも適したリング幅は変わってくるため、2人の好みやライフスタイルに合わせて男女でリング幅を変えるのもおすすめです。幅については、以下で詳しく紹介しています。

結婚指輪の幅は何ミリが最適?幅ごとの特徴や印象、選び方を紹介

丸み

オリジナルの結婚指輪は「甲丸」「平打ち」「内甲丸」などの丸みによって、つけ心地や印象が変わります。

リングの表面が丸みを帯びている甲丸は、古くから結婚指輪に採用されており、優しく柔らかな印象を与えます。

一方、表面をフラットにする平打ちはシャープな印象を与え、指輪の存在感をアップしたい場合や、柄を入れたい場合などに適しています。平打ちは角が当たり若干当たりや擦れを感じることがあるかもしれません。

指輪の丸みは表面だけでなく、内側にもデザインできます。「内甲丸」と呼ばれる内側に少し丸みを持たせた指輪であれば、指になじみやすく、つけ心地の良い結婚指輪に仕上がります。

仕上げ

オリジナルの結婚指輪は、仕上げの方法によっても指輪の質感や雰囲気が大きく変わります。

スタンダードな鏡面仕上げは、素材本来の美しさや輝きを引き出したい場合におすすめです。一方、指輪の表面をマットにするつや消しは、よりカジュアルな雰囲気やアンティークな質感を演出できます。

この他にも、指輪の表面をランダムに叩いて仕上げる「ハンマー」、ダイヤモンドの粒子を散りばめた「スターダスト」などがあり、様々な表情の結婚指輪が作れます。

鏡面以外のつや消し、ハンマー、スターダストなどの仕上げには、指輪の傷を目立ちにくくする効果もあります。

宝石

オリジナルの結婚指輪は、宝石を自由に入れられるのも魅力のひとつですね。

ダイヤモンドをはじめ、カラーダイヤモンド、誕生石など、選べる宝石の種類は豊富です。好みの宝石を一粒配置するだけでも輝きは増しますし、華やかにしたい場合はカラーストーンをグラデーションに留めることなどもできます。

ただし、宝石の留め方によっては、家事や着替えなどをする際に宝石が引っかかってしまう可能性もあります。日常使いする場合は、爪のない「チョコ留め」や「レール留め」に対応したショップを選ぶと良いでしょう。

ショップによって選べる宝石や対応している石の留め方は異なるので、宝石を入れたい場合はあらかじめチェックしておきましょう。

刻印

結婚指輪に2人の想いを込めるなら、リングの裏側に刻印を入れるのがおすすめです。

定番のイニシャルや誕生日以外にも、お互いへのメッセージを外国語で刻むカップルも多くいます。「Yours Forever (永遠にあなたのもの)」や「Je t’aime pour toujours(あなたを一生愛する)」など、日本語ではなかなか伝えにくい言葉も、外国語で刻めばロマンティックでおしゃれな指輪となります。

また、ショップによっては、手書きのモチーフや絵柄を刻印することも可能です。刻印のメッセージや絵柄はショップでも相談に乗ってもらえるため、イメージを膨らませておくと良いでしょう。

オリジナルの結婚指輪の作り方

オリジナルの結婚指輪を作る方法には、手作りとフルオーダーメイドの2種類があります。手作りとフルオーダーでは主に「誰が指輪を作るのか」が異なります。

実際に2人で指輪を製作するのが手作り結婚指輪で、指輪のイメージを伝えてデザイナーや職人に作ってもらうのがフルオーダーの結婚指輪です。ここでは、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

手作り

手作り結婚指輪は手作り工房で2人で作るか、職人が代行してくれるプランもあります。

手作りするメリットは、オリジナルの結婚指輪を作るとともに思い出も作れることです。2人で協力して手作りした時間も宝物のひとつ。製作過程をフォトやムービーに残すこともできます。

また、フルオーダーメイドと比べると、リーズナブルな価格で作れることも魅力のひとつです。

デメリットとしては、製作時間を確保する必要があることが挙げられます。指輪の製作時間は2〜3時間ほどなので極端に長くはありませんが、忙しい人にとっては負担に感じられるかもしれません。

フルオーダーメイド

フルオーダーメイドの結婚指輪は、デザイン・製作のすべてをプロにお任せします。繊細なウェーブの指輪が作れたり、色鮮やかな複数の宝石を入れられたり、プロならではの複雑なデザインが叶うのが、最大のメリットといえるでしょう。

ただし、手作りと比べると、価格が高額になる傾向があります。また、指輪の完成までには2〜3ヶ月の時間がかかるため、挙式までにあまり時間がない場合は向かない方法と言えるかもしれません。

手作り結婚指輪の製作の流れ

手作りの結婚指輪は、実際にどのような流れで作っていくのでしょうか。ここでは、手作り指輪工房icci代官山の彫金工法による結婚指輪作りの流れを紹介します。

1.来店~デザインを決める

デザイン決め
icci代官山では来店すると、まずはオシャレなレセプションルームで職人とデザインの打ち合わせを行います。

icciではプラチナ、ゴールド、シャンパンゴールドの3種の上質な素材をはじめ、つや消しやスターダストなどの6種のリングデザイン、20種以上の宝石などの中からオリジナルの結婚指輪が作れます。

サンプル

デザインに悩んでいる場合も、たくさんの手作り指輪のサンプルを見ながら決められるのが嬉しいところ。希望のデザインがある場合は、雑誌の切り抜きなどを持って行くと、それに合わせて見積もってもらえます。

2.指輪の形を作る

形を作る
デザインが決まったら、さっそく指輪の製作スタートです!

icciではJBS宝石鑑定資格を持ったオーナーがつきっきりで指輪作りをサポートしてくれるので、初心者でも安心です。

希望のリング幅に合わせて金属の棒を切り出したら、ヤットコと呼ばれる道具を使って丸めていきます。多少いびつな形になっても、この後にキレイに成形するから大丈夫です。

3.溶接・磨き

磨き
丸めた指輪の端を溶接し、指輪がピタリとくっついたらコンコンと叩いてまん丸に成形していきます。みるみると形になっていく指輪に愛着が湧いてきます。

指輪

キレイな丸に成形できたら磨きを行います。指輪の完成はもう目前!

4.最終仕上げ

GIA
手作りした指輪に刻印や宝石を入れる場合は、一度預けてプロの職人に仕上げてもらいます。

手作り指輪にも様々な形状のダイヤモンドや、カラーダイヤモンド、誕生石などが入れられます。icciでは可愛い絵柄の刻印にも対応しているので、オリジナリティ溢れた指輪が作れることは間違いなしです。

5.オリジナルの結婚指輪が完成!

オリジナルの結婚指輪
全ての工程が終わったら、オリジナルの結婚指輪の完成です。手作りとは思えない美しさに感動されるお客様も多くいます。

指輪づくりの所要時間は2時間ほどで、上の写真のようにダイヤモンドなどを入れる場合は、1ヶ月程度で完成します。挙式などで必要な場合は、店頭でリングケースを購入できるのも嬉しいポイントです。

オリジナル結婚指輪の平均予算

手作り結婚指輪の魅力のひとつが、予算を抑えられることです。icciでは結婚指輪1本あたりの料金は「15,000円(税込)+貴金属代+オプション代」、ペア平均予算は15〜20万円程となります。

また、東京にあるオーダーメイドショップと手作り指輪工房、各3店舗の結婚指輪の平均価格を算出したところ、オーダーメイドの結婚指輪の相場は361,900円ほど(ソラ、ケイノウブライダル、TANZO東京本店)、手作り結婚指輪の相場は209,000円(icci、ついぶ東京工房、ハムリ)となりました。

このように、手作り結婚指輪は指輪の製作を自分たちで行う分、オーダーメイドよりリーズナブルに作ることができます。

まとめ:オリジナルの結婚指輪は手作りがおすすめ

いかがでしたか?オリジナルの結婚指輪を作りたい方は、こだわりの結婚指輪とともにステキな思い出作りが叶う手作り指輪もおすすめです。

代官山の指輪工房icciでは、上記で紹介したプラン以外に手彫りの柄が美しいハワイアンリングの結婚指輪の製作も行えます。デザインの幅が広いため、2人の理想の指輪が作れるでしょう。

製作した指輪には全てアフター保証も付いています。サイズ直しは2年間無料で、2年を過ぎた後も、保証書を持っていけば3,000円からリーズナブルにサイズ直しが可能。希望がある場合は、ダイヤモンドの鑑定書(中央宝石研究所)の発行も行えます。

お悩みの場合は、無料で工房の見学や相談も承っています(事前相談・見学は要予約)。代官山へデートがてら、デザインなどもぜひ気軽に相談にいらしてくださいね。

icci代官山の手作り結婚指輪のサービスページはこちら

ブログ一覧へ戻る