手作り結婚指輪・婚約指輪 icci 代官山|渋谷・恵比寿・代官山

資料請求

ご予約

TOPへ

男性は太めの結婚指輪を選ぶべき?そのメリットとデザイン例を紹介

結婚が決まった後、結婚指輪について悩む男性は珍しくありません。男性にとって、指輪はなじみの薄いアクセサリーだと思います。

どんなデザインが似合うのか、長時間付けていても違和感がないかなど、いろいろと考えてしまう方もいるでしょう。

結婚指輪を扱っているショップでは、迷っている男性に太めの指輪をすすめる傾向があります。ペアリングでも男性用のほうがやや太めに作られているものが多いです。太めの結婚指輪を選ぶとどんなメリットがあるのでしょうか?

この記事では、男性が太めの指輪を選ぶメリットや人気のデザイン例などを紹介します。

男性の結婚指輪は太めがよい?

はたして、男性の結婚指輪は太めがよいのでしょうか?

一般的に、結婚指輪の太さは2.5mm~3mmが平均です。女性の指ならば3mmの指輪でもやや太めに見えますが、しっかりとした男性の指ならば3mmで違和感はないでしょう。

男性の指輪で太めと思われるのは4mmや5mmですが、これくらいになると男性の指にはめてもしっかりとした存在感を感じさせます。体格がよかったり骨格がしっかりしていたりする男性なら、4mmや5mmの指輪を選んでみてはいかがでしょうか。

男性ならば華奢な指輪よりしっかりとした指輪のほうが、指と指輪のバランスがとれることも多いです。細いものを選ぶと女性的な印象を与えることもあるので、太めの指輪がおすすめです。

太めの結婚指輪を選ぶメリット

ここでは、男性が太めの結婚指輪を選ぶメリットについて解説します。

男性の手になじむ

太めの結婚指輪は男性の手になじみます。男性の手というのは、手が大きく、骨ばっていますし指が太いです。

ですので、女性と同じような細い指輪だと、バランスが悪く見えてしまいます。指輪が小さく見えますし、違和感を与えてしまいます。

太めの指輪であれば、男性の大きな手であっても違和感を与えることなくなじむでしょう。さらに、デザインを工夫すれば、より男性的なイメージを増したり減らしたりと調整することができます。

耐久性が高い

細い指輪は耐久性が低めです。ぶつけたり落としたりすれば歪んでしまう可能性があります。

男性は女性よりもアクセサリーの扱いに慣れていない方が珍しくありませんし、ふだんの生活のなかで指輪を雑に扱ってしまうかもしれません。肉体労働や仕事で手を使うことも多いでしょう。だからこそ、指輪を変形したり破損してしまうかもしれません。

また、結婚指輪はプラチナや18金など柔らかめの金属で作られているものが多く、変形もしやすいです。だからこそ、太めの指輪にすることで破損や変形を防ぐことができます。

ファッション性が高い

太めの指輪は、ファッション性が高いといえます。太い指輪はより目につきますし、カジュアル感を与えます。

幅が太いからこそ、柄や宝石を入れることができますし、より装飾が目立つことになります。ハワイアンリングのように細かい彫り込みを入れることもできます。

スーツや普段のカジュアルなファッションにおいても、太い指輪であれば装飾品のひとつとしてアクセントになるでしょう。ファッションアイテムとしても利用したいという人に太い指輪はおすすめです。

太めの結婚指輪を選ぶデメリット

太めの結婚指輪にはデメリットもあります。

調整が必要

太めの指輪を選ぶといっても、細かな調整が必要になります。

太めの指輪では、柄や宝石などを多く入れることができるので、そういった装飾を決定して、バランスを調整しなくてはなりません。

また、太い指輪は自分の指に合い、違和感を感じさせない適度な太さ、デザインにしなくては目立ちすぎてしまいますし違和感が生まれてしまいます。この細かな太さの調整が必要なのです。

調整をするときには、サンプルをつけてみたり、自分の指にはめたときのバランスを鏡などで細かくチェックするようにしましょう。

傷や汚れが目立つ

太めの結婚指輪の場合、幅が広いのでその分傷や汚れが目立つ可能性があります。

また、結婚指輪のリング部分はプラチナや18金など柔らかい貴金属で作られていることが多いです。だからこそ、ぶつけたりこすれることで傷がついたり、長く利用することで様々な汚れがついたりしてしまうことがあります。

大きい傷は目立ちますし、細かい傷がたくさんつくとくすみが目立ってきます。結婚指輪を作るときには、こういった汚れや傷をとってくれ新品時に戻してくれるようなアフターサポートを行ってくれるお店を選びましょう。

自分でクリーニングをしたいと思う場合は、専用の清掃道具を一式揃えておきましょう。

価格が高くなる可能性がある

幅が太い指輪は、細いものよりも価格が高くなる可能性があります。

太い指輪は、使用する金属量が増えます。特に、2021年以降貴金属の値段は世界的な高値が続いているので、太くなるだけ価格差が出てきます。

どれくらいの価格になるかを、指輪を購入するお店で確認するのがおすすめです。

男性向けの太めの結婚指輪の例

では、男性に合う結婚指輪の太さはどのくらいなのでしょうか?ここでは、太めの指輪である3mm以上の指輪の実例を紹介します。

自分のイメージに合う指輪選びに役立ててください。

3mm

3mm

3mmの結婚指輪は、男性ではちょうどよい太さでしょう。手が大きい人や指が太い男性では、やや細いと感じるかもしれません。

指に触れている面積も他のものよりも少ないので、つけた時の圧迫感などはあまりないのも特徴です。

4mm

4mm

4mm幅の指輪になると、ある程度の存在感が出てきます。結婚指輪ではほぼ男性専用のサイズでしょう。

手が大きめの人やカジュアルなファッションに合わせたい場合などにおすすめです。

5mm

5mm
5mmとなると一層存在感とカジュアルさが増します。指輪自体がかなり目立ちますし、男性らしさが際立ちます。

ただ、この太さだと大きな石をつけても素敵なデザインになります。アクセサリーを普段から多くつけている人におすすめです。

男性向けの幅広の結婚指輪を買うなら手作りがおすすめ

「太めの結婚指輪を作りたいが、ショップだといまひとつ気に入ったデザインがない」という場合は、手作りするのもひとつの方法です。

手作り結婚指輪の工房であれば、プロの職人のサポートを受けながら、自分で好きなデザインの指輪を作ることができます。自分の指にあったバランスに調整ができるので、きっと理想の指輪が作れるはずです。

ダイヤモンドや宝石などをつけることもできるので、ぜひ体験してみてください。

まとめ

今回は、男性が太めの指輪を選ぶメリットや指輪の太さごとの印象の違いなどを紹介しました。

自分好みのサイズやデザインの指輪がなかなかなくて困っているという場合は、ぜひicci代官山にご相談ください。

当社は、隠れ家のようなこじんまりとした工房でプロの職人によるサポートを受けながら世界にただ1つの結婚指輪を作ることができます。職人が制作代行してくれるプランなどもあるので、きっと希望の指輪が作れるはずです。

普通の指輪のほか、手彫りの彫刻が美しいハワイアンジュエリーも作ることができるので、ハワイ好きの方にもおすすめです。

▶icci代官山の手作り結婚指輪のサービスページはこちら

ブログ一覧へ戻る