手作り結婚指輪・婚約指輪 icci 代官山|渋谷・恵比寿・代官山

資料請求

ご予約

TOPへ

結婚指輪にはどんな彫刻を入れられる?彫りのタイプや刻印について解説

彫刻入りの結婚指輪は、デザイン的にもとてもおしゃれで人と被らない個性的な指輪にすることができます。

ただ、彫刻の方法には様々な種類があるのでどのような彫刻が入れられるのか、彫刻入りの指輪をどこで手に入れることができるのか知りたいという人もいるかもしれません。

ここでは、指輪に彫刻を入れる方法や種類を紹介するとともに、彫刻デザインの選び方などをお伝えします。彫刻入りの結婚指輪が欲しいと考えている方は、ぜひ指輪選びの参考にしてください。

結婚指輪の彫刻の種類

マイレ
結婚指輪の彫刻は、かわいいデザインや伝統技法を取り入れたデザイン、個性のあるデザインなど様々なものがあります。

それぞれのデザインによって雰囲気やモチーフも異なるので、ぜひご自身の好みの彫刻を見つけてみましょう。

和彫り

和彫りの彫刻は花や風、四季をイメージしたものなど、日本の歴史や美しさをモチーフとしたデザインです。日本古来の彫金技術で作られており、かつては刀のつばを彩っていたような技法が使われています。

江戸時代に開花した伝統工芸技法のひとつとして職人の技術により表現された彫りは見事なものです。その美しさに魅了されて和彫りのデザインを選ぶ人も多いです。

指輪のというのは洋風な印象のものが多いですが、和彫りにすることで落ち着きのなかにも和を感じさせる柄を入れることができます。

洋彫り

洋彫りは西欧の伝統的な彫金技術です。金槌を使わず、手の力のみで押して切るような技法であり、繊細で滑らかな表現が可能です。シンプルで線的な表現が得意です。

洋彫りでは絵柄を幾何学模様に並べたり、ラインを細かく入れたりなど、西欧的なモチーフが利用されます。

品のある華やかさを演出することができますし、繊細な美しさを感じさせる指輪にできます。

ハワイアン

ハワイアンは、ハワイの伝統的な技術を用いて彫刻を施した指輪です。ハワイで神聖とされている波やリーフ、花をイメージしたモチーフが用いられることが特徴です。

ハワイアンジュエリーの模様にはそれぞれに意味が込められており、願いや想いをこめることができます。

自然などをモチーフにしたナチュラルなデザインの指輪であり、カジュアルなファッションなどにも合わせやすいので普段使いに好まれるデザインです。

刻印

結婚指輪の彫りでは刻印を入れることもできます。レーザーや手打ちなどの技法を使い指輪に文字や柄、イラストなどの刻印を入れるのです。

お互いのイニシャルや名前はもちろん、お揃いの文字を入れることもできるので、独自の柄を入れることができます。通常は指輪の裏側に刻印を入れることが多いです。

結婚指輪の彫刻の選び方

スクロール×甲丸
結婚指輪に入れられる彫刻にはたくさんの種類がありますが、その選び方について紹介します。

指輪を決める際は、まず初めに何を重視するかを考えておくことでスムーズに理想の結婚指輪を選ぶことができます。

モチーフに込められた意味から選ぶ

結婚指輪の彫刻として入れるモチーフに込められた意味から選ぶのもよいです。指輪のモチーフには様々な意味を込めることができます。

例えば、マイレと呼ばれるハワイアンモチーフは神聖なものとのつながりを表し、長く続くようにという意味が込められています。ハワイアンリングに文字で刻印を入れる場合には、ハワイ語で永遠を表す「MAULOA」という言葉なども人気があります。

どのような思いや願いを込めたいかで彫刻のモチーフを選ぶのもよいでしょう。結婚後に指輪を見るたびに、どんな気持ちだったかを思い出したい場合にもよいでしょう。

彫刻デザインが好みのものを選ぶ

結婚指輪は毎日つける方も多いため、とにかくデザイン重視で好みのものを選ぶということもおすすめです。好きな柄や模様の彫刻が入っていると指輪への満足感が高まりますし、より大切に使うことができます。

ペアリングとしてつける場合には、お互いの好みを伝え合いながら選ぶのもよいでしょう。

付け心地や重さなどを考慮して選ぶ

彫刻入りの指輪は、着け心地や重さを考えて選びましょう。

様々な柄やモチーフを入れるため太めな指輪になることが多く、つけたときに少し重いと感じることがあります。また、彫刻が入ると他の指にあたる部分が気になることがあるでしょう。

指輪は毎日つけるものなので、こういった違和感をなくすのが大事です。重くなりすぎないような彫刻や厚すぎない彫刻の指輪にするのがよいです。

彫刻入りの結婚指輪はこんな人におすすめ

彫刻入りの指輪はどのような人が選ぶべきでしょうか。ここでは、彫刻入りの指輪がおすすめの人の特徴を説明します。

シンプルだと物足りない人

シンプルなデザインだと物足りないという人に彫刻入りの指輪はおすすめです。

一般的に販売されている結婚指輪はシンプルなものが多いです。たしかにシンプルなものはすっきりしていて、ふだん使いもしやすいでしょう。しかし、他の人と同じような指輪になりがちですし個性を出すことは難しいです。

彫刻入りの指輪では自由に彫りを入れることができるので、装飾的な指輪を作ることができます。シンプルよりも華美なものをつけたい人におすすめです。

意味を込めたい人

意味を込めたい人にも彫刻入りの指輪はおすすめです。

彫刻のモチーフに意味を込めることができますし、文字などを入れることもできます。ふたりの関係への願いや想いを表現することで、二人だけの絆を指輪に込めることができます。

特にハワイアンの彫刻などはモチーフに意味があるので、自分の願いにあったものを選ぶのがよいでしょう。

カジュアルなファッションが多い人

カジュアルなファッションを着ることが多い人にも、彫刻入りの指輪はおすすめです。

彫刻を入れた指輪というのは柄が入ることで派手になります。その分、指輪だけが目立ってしまう可能性があります。

カジュアルなファッションであれば指輪と調和してバランスが取れるので、カジュアルなファッションを日常で着る人は彫刻入りの指輪がよいでしょう。

彫刻入りの結婚指輪を選ぶならどこ?

彫刻入りの指輪が欲しい、見てみたいと思ってもどこで販売されているのかなかなかイメージが湧きにくいかもしれません。彫刻の入った結婚指輪を購入できるお店を紹介します。

ジュエリーショップ

ジュエリーショップでは、既製品の指輪が豊富に用意されています。そのなかには彫刻が施された指輪などもあるでしょう。

ただ、彫刻のモチーフなどを自分で選ぶことができないですし、数が限られているので自分の理想の指輪を見つけるのは難しいかもしれません。

オーダーメイドなどに対応しているお店もありますが、決まった選択肢のなかから選ぶことが多いようです。

ジュエリーブランド

ジュエリーブランドでも彫刻入りの指輪を見つけることができます。ブランド専属のデザイナーがいるので、他にはない高品質な彫刻の指輪を手に入れることができます。

ただし、こちらも既製品であることが多く、こだわりがある人だと理想のものを見つけられないかもしれません。

オーダーメイドであればデザイナーが細かくヒアリングをしてくれ、自分のイメージするデザインのものを作れます。ただ、費用がかなり高くなる傾向にあります。

手作り指輪工房

手作り指輪工房では、自分で指輪を作ることができます。自分たちの好みの素材や宝石を選び、ハンマーで叩いたり、磨いたりといった作業を行って指輪を作ることができます。

指輪の形を作るなど簡単な作業を自分で作り、難しい彫刻部分は職人に依頼することができるので、既製品と同じ品質のものに仕上げることができます。職人がマンツーマンでサポートしてくれるお店が多いので、初心者でも安心です。

理想の指輪が作れるだけでなく、自分たちで作るという体験もできるのが魅力です。

自分好みの彫刻入り結婚指輪を作るならicci代官山がおすすめ

指輪 手作り
理想の彫刻入りの指輪を作るならicci代官山がおすすめです。icci代官山では、既製品と同じ品質の素材を利用しているので、世界で1つの高品質な結婚指輪を自分たちで作ることができます。

ハワイアンの彫刻に関しても、本場ハワイで修行した職人が一彫りずつ手作業で仕上げるため、美しい彫刻の入った指輪になります。入れられる彫刻の種類も豊富なので、意味を考えながら決めていく過程も楽しむことができます。

一生の記念になるような結婚指輪を自分たちで手作りしたい、自分で決めたお気に入りの彫刻モチーフを指輪に刻印したいという方はぜひ一度足を運んでみてください!

icci代官山の手作りハワイアンリングのサービスページはこちら

ブログ一覧へ戻る