手作り結婚指輪・婚約指輪 icci 代官山

東京で手作りペアリング・結婚指輪をつくるなら! icci代官山
東京で手作りペアリング・結婚指輪をつくるなら! icci代官山
東京で手作りペアリング・結婚指輪をつくるなら! icci代官山

手作り結婚指輪・婚約指輪・ペアリング icci 代官山

ミル打ち結婚指輪の意味とは?失敗しないためにするべき対策を紹介

結婚指輪の加工のひとつである「ミル打ち」をご存じですか?多くの種類がある結婚指輪のデザインのなかでも、とても人気の高いデザインです。

「でも、ミル打ちの結婚指輪は後悔するっていうのは本当?」

そう疑問に思っている人のために、ミル打ち結婚指輪のメリットやデメリットをまとめました。

意味や技法も分りやすく解説しているので、結婚指輪のデザインで迷っている人はぜひ参考にしてください。

ミル打ち結婚指輪は後悔しやすい?意味と技法を解説

ミル打ちの結婚指輪は、たしかに後悔しやすいと言われています。

しかし、ミル打ちの持つ意味はその不安を払拭するほど素敵なものです。
後悔しやすいと言われていても、パートナーとの絆である結婚指輪に取り入れたいと思える人は多いでしょう。

ここでは、ミル打ちの意味と技法を詳しく解説します。

ミル打ちには「永遠」や「幸福が続く」という意味がある

ミル打ちはミルグレインとも呼ばれており、ラテン語で「千の粒」を表します。
その名のとおり、たくさんの粒状の装飾を地金に施したとても上品な印象のデザインです。

また、小さな粒が絶えることなく続いているように見えるため、「永遠」や「幸福が続く」、「子孫繁栄」といった意味が込められています。

このことから縁起がよいとされ、結婚指輪のデザインに選ばれるようになりました。

ミル打ちは細かい粒を連ねる高度な技法を用いる

ミル打ちの加工方法は、大きく分けて3つあります。

職人が小さな粒を「ひとつひとつ手作業で打ち込む方法」と「工具で打刻する方法」、「型で鋳造する方法」です。

なかでもとくに難しいのが、結婚指輪に手作業で粒を打ち込む方法です。
この方法では、「たがね」と呼ばれる工具の先端を地金にあてて、ハンマーで叩くようにして粒を入れていきます。

粒がとくに美しいとされていますが、均等に施すためには熟練の技術が必要です。

後悔するってホント?ミル打ち結婚指輪のデメリット

ミル打ちの結婚指輪は縁起のよい意味を持ち、素晴らしい技法によって生み出されます。

パートナーと一緒にデザインを考え、時間をかけて仕上げられたミル打ちはきっと惚れ惚れしてしまうはずです。

しかし、必ずしも後悔しないとは言い切れません。
その理由を以下にまとめましたので、詳しく見てみましょう。

サイズ直しが難しい

結婚指輪は長年にわたって着用するものですが、年齢を重ねると指のサイズが変化することがあります。

指輪のサイズ直しは、指輪をカットし、溶接、研磨といった流れが一般的です。
しかし、ミル打ちの結婚指輪は全体のバランスから粒が均整になるよう計算して作られています。

そのため、切断や研磨、地金の継ぎ足しをしてしまうとそのバランスが崩れてしまう可能性が高いのです。

ブランドやデザインによっては、ミル打ちを施した結婚指輪のサイズ直しは受け付けていないこともあります。

こだわりのミル打ち結婚指輪をつけられなくなってしまうと、後悔することもあるので注意しましょう。

【結婚指輪のサイズ直し】大切な指輪はリフォームで輝き続けます

汚れが隙間にたまりやすい

ミル打ちの結婚指輪は、細かい凹凸がたくさんあることが魅力です。

しかし、その凹凸に皮脂やハンドクリーム、コスメの残りかすなどの汚れがたまりやすいといった特徴もあります。

とくに、小麦粉などの粉ものやミンチ肉は隙間に入りやすいため、料理中は外す必要があるでしょう。あらかじめ汚れをつけないために、こまめに着脱するといった手間がかかります。

結婚指輪を日常的につけたまま生活したい人は、ミル打ちの結婚指輪の購入は控えた方がよいかもしれません。

摩耗により突起が消えてしまう

ミル打ちの結婚指輪には、プラチナやゴールドといった比較的柔らかい金属を使用するのが一般的です。

柔らかい金属は加工しやすいことがメリットですが、その分摩耗もしやすくなっています。

結婚指輪は着用したままにすることが多いので、毎日少しずつ削れていってしまい、いつの間にか突起が消えてしまうことがあるのです。

とくに、ミルの打ち直しができないブランドや工房で購入すると、指輪に気を使って生活しないといけません。

そのためストレスを感じてしまい、いずれは後悔する可能性があるのです。

もちろん魅力もたくさん!ミル打ち結婚指輪のメリット

もちろん魅力もたくさん!ミル打ち結婚指輪のメリット

ミル打ちの結婚指輪には、デメリットや後悔するといった口コミがあるのも事実です。
しかし、それを感じさせないほどのメリットもたくさんあります。

だからこそ、昔から多くの人に愛されるデザインなのです。
以下で、ミル打ち結婚指輪のメリットを詳しく解説しますので、順に見てみましょう。

繊細な見た目で手元が上品になる

ミル打ちは、アンティークジュエリーを中心によく使用されている技法です。その影響もあり、優雅で華やかなヨーロッパを思い起こさせる雰囲気を持っています。

また、均整のとれた粒の輝きで上品な手元にしてくれることが、年代を問わず好まれる理由です。

さらに、指輪の輪郭部分にミル打ちを施すことで、大人っぽい洗練されたイメージになることから男性でも着用しやすいとされています。

光が拡散するため細かい傷が目立ちにくい

ミル打ちを施した結婚指輪は、たくさんの凹凸があります。
その凹凸に当たった光が拡散するため、細かい傷が目立ちにくいということもメリットです。

結婚指輪は普段使いするジュエリーなので、傷が多くつくことは仕方がありません。
小さな傷をなるべく気にせず過ごしたい人には、ミル打ちは最適な加工といえます。

また、ミル打ちの結婚指輪は、もともとアンティーク調なデザインが特徴です。
傷が多くできてしまっても、それが逆に味となるため魅力を感じられるでしょう。

大きめのミル打ちを施すことでゴージャスな印象にもできる

ミル打ち結婚指輪は細かい粒の加工が特徴ですが、実はその粒の大きさを選ぶことができます。

小さな粒だと繊細な印象になりますが、大きめの粒を選ぶことで大胆でゴージャスな印象にすることも可能です。

大きめの粒を施すと、よりアンティーク調になるため幅の太い結婚指輪だと宝石をはめていなくても満足のいく仕上がりになるでしょう。

存在感が大きいので、手ががっしりした人や関節の太い人、とくに男性におすすめです。

結婚指輪の手作りは『どんなデメリット』がある?口コミも紹介

後悔しないためには?ミル打ち結婚指輪の対策3選

ミル打ちの結婚指輪は多くのメリットがあり、昔から愛されているデザインです。
そんなミル打ちを選ぶのであれば、できるだけ後悔はしたくないですよね。

ここでは、ミル打ち結婚指輪を検討している人に向けて、購入する前と後にできる対策を合わせて3つ解説します。

どれも難しくはなく、少し意識するだけなので一緒に確認していきましょう。

サイズ直しができるデザインにしておく

ミル打ちを全周に施していると、サイズ直しの第1工程である「カット」ができません。

したがって、カットを想定したデザインにしておきましょう。
半周のみミル打ちを施したものや手のひらの部分だけミル打ちをしていないものなら、ほとんどのブランドや工房でサイズ直しを受け付けてくれます。

なかには、全周にミル打ちがしてあるデザインでも受け付けてくれる場合がありますが、非常に高い技術が必要です。

後悔しないために、購入する際に希望するデザインがサイズ直しできるものかをきちんと確認しておきましょう。

結婚指輪の手作りデザイン例と手作りできる人気店も厳選して紹介

摩耗を考慮した素材や加工にする

結婚指輪の地金に使われる金属は、比較的柔らかいため摩耗を考慮した素材を意識して選びましょう。

人気の高いプラチナやゴールドは、普段の生活で馴染みのある銅や鉄よりも柔らかく傷や摩耗に弱い性質を持っています。

そのため、より硬度の高いホワイトゴールドやチタン、ジルコニウムなどがおすすめです。

また、あらかじめ型を作って製造する「鍛造」という方法で加工した指輪は耐久性が高くなっています。

ブランドや工房によって選べる素材や加工方法が違うので、購入時に後悔のないよう慎重に選ぶよう心がけてください。

手作りの結婚指輪って人気なの?口コミやおすすめの工房を紹介

メンテナンスを定期的に行う

ミル打ちの結婚指輪を購入した後は、定期的にメンテナンスを行いましょう。
購入した店舗ならアフターサービスを受け付けていることが多いので、それを有効活用してください。

また、柔らかい布で拭いたり薄めた中性洗剤に浸してブラシで優しくこすったりといった、普段からできるお手入れでも構いません。

日々丁寧なケアをしているだけで、指輪をいつまでも美しく保つことができます。

後悔しないミル打ち結婚指輪はicci代官山で!

後悔しないミル打ち結婚指輪はicci代官山で!

ミル打ち結婚指輪は、パートナーとの新しい門出にぴったりの意味を持っています。

後悔するといった口コミもありますが、独特な技法で繊細にも大胆にも加工できるため、高い満足感が得られるでしょう。

icci代官山でもミル打ち結婚指輪を取り扱っており、アフターサービスも充実しています。
サイズ直しやクリーニング、変形の修復、イメージをガラリと変えるつや消しなども対応可能です。

高いスキルを持った職人が、皆様の大切なミル打ち結婚指輪を全力でサポートいたしますのでぜひ一度ご来店ください。

手作り結婚指輪ってどうなの?後悔しないためのポイントを紹介

関連記事

  • 2022.11.24

    結婚指輪・婚約指輪結婚指輪の費用負担はどっちがする?相場や支払うタイミングを解説

  • 2022.11.23

    結婚指輪・婚約指輪婚約指輪と結婚指輪は両方必要?相場や兼用できるかも紹介

  • 2022.11.22

    結婚指輪・婚約指輪結婚指輪と婚約指輪の重ね付けが合わない!?3つの予防策を解説

  • 2022.11.21

    結婚指輪・婚約指輪【婚約指輪のサプライズ】女性の本音は?注意点や渡し方も紹介

  • 2022.11.20

    結婚指輪・婚約指輪【婚約指輪の折半】彼女の反応は?リアルな女性の意見を紹介

  • 2022.11.19

    結婚指輪・婚約指輪婚約指輪の手作りは後悔しない!icci代官山で理想的な指輪を

人気記事ランキングトップ6

  • 2022.07.04

    結婚指輪・婚約指輪婚約指輪をプロポーズ前に一緒に選ぶのはどう?おすすめプランや演出例を紹介

  • 2022.06.29

    手作り指輪記念日の思い出作りにピッタリ!手作り体験7選と選び方を紹介

  • 2022.06.17

    結婚指輪・婚約指輪男性は太めの結婚指輪を選ぶべき?そのメリットとデザイン例を紹介

  • 2022.06.26

    結婚指輪・婚約指輪結婚指輪の幅は何ミリが最適?幅ごとの特徴や印象、選び方を紹介

  • 2022.07.22

    結婚指輪・婚約指輪結婚指輪の永久保証とは?無償で受けられるサービスや注意すべき点を紹介

  • 2022.07.31

    結婚指輪・婚約指輪指輪の厚みはどのくらいが一般的?選び方やおすすめの厚みをご紹介

コラム一覧へ戻る